www.jimgilbertswildbirdstore.com
雑誌の広告、電柱に見られる宣伝広告やDMで「多重借金の整頓やります」「負債を一括化したいですよね」という内容のアピールを目にすることがしばしばです。こういうのは、「整理人」「買取専門屋」「紹介屋」という通称の悪徳企業の嘘広告のケースがあったりします。それらを利用したケースでは自己破産申し立ての流れの中で一番重要な免責認可を得られない恐れもあります。「整理屋」とはチラシなどで多重債務者をおびきよせ相当な手数料を出させて整理をやりますが現実には負債整理は行われないまま、依頼者はより債務スパイラルに落ちる失敗がすべてと思われます。「買取屋」というのは分割払いで家電、新幹線の利用チケットを限界まで仕入れさせ、負債者から買った商品を値段の20%や半値で購入するという手口を使っています。瞬間的には現金が懐に入りますが、少しすればクレジット業者から商品の定価の支払いが送られて来ることになり、本当は借金を増額させる結末で終わります。この場合だとカード会社への詐欺であるとされて免責をもらえなくなります。「つなぎ屋」は大口の金融業者から拒絶されるようになった負債人へ業者として資金提供は全然せずに、金貸しを受けられる違う企業を教え、常識外の経費を請求する業種です。紹介屋は直接の経由で融資してもらったかのように報告しますが実際は何もしないまま種は簡単で審議のゆるめのルートを伝えているだけというやり口です。この場合でも実際は負債額を悪化させる結果となります。